LP(ランディングページ)に施す最適化施策はSEM(web広告)だけではない。濃いアクセスを検索から運びコンバージョンに繋げるまでの工程

ランディングページ制作

LPO(基礎知識)★活用メリットとデメリットとコンバージョンへの影響

ランディングページ(LPO)とは
1つのサービス(商品)に特化した1ページ完結型の販促・集客(予約等)のページとご想像ください。また、動機や目的に合致したランディングページを用意することで、サイトからの離脱率を抑え、コンバージョン率を高める手法をLPOと呼びます。
ランディングページで表現する大きなポイント
・商品・サービスの明確化(何の商品・サービスなのか?)
・商品・サービスの価格、他社比較
・商品・サービスの効用(利用後の姿を想像しやすくする魅せ方)
・商品・サービスを利用したお客様の声やサンプルの掲示
・決済ならびに予約フォーム対応
ランディングページ(LPO)のメリット
1商品に特化したwebページとなる為に自社が提供するサービス(商品)に対してより具体的にweb上でユーザーに表現する事が可能。またSEM対策(インタネット広告)との相性が良い為、インターネット上で販売までを完結でき、販売数を期待できるサービス(商品)を持つ場合は、販売促進を見込みやすい。
通常のWEBサイトとは異なり、サイト構想がある程度確定した後であれば制作日数が大幅に短縮される為に、通常webに比べ制作納期の早期化、制作コストの減少を実現できる
決済機能を常備する事で、web条で販売促進が実施できる事で、資料請求、お問い合わせフォーム等からの運営者アプローチ数を減らす事が出来る為に運営側のコスト削減にも繋がりやすい
ランディングページ(LPO)のデメリット
通常WEBと違い、サイト更新の幅に非常に制限がかかる為(既存デザイン・文書の更新しかほぼ実施できない)に検索エンジンからの高い評価を得にくいと言える為に、SEM(インターネット広告)頼みのマーケティング手法になりやすい
販売数が向上しても、継続的なSEM(インターネット広告費)の場合、クリック課金方式で予算が必要となる為に、販売高が向上しても、費用対効果がとりづらい場合も存在する。
ランディングページは各種デザイン実装箇所が多い為に、商品の魅せ方等を変更したい場合も処理工数(新規デザインの作成等)が増えやすい傾向があり、商品の魅せ方を常に変更したいと言うお客様には、ランディングコストがやや割高となりやすい
デメリットを解消しメリットを活かす為の当社のSEO+LPO=費用対効果戦略とは
ポイント①(アクセス獲得導線)
検索エンジンから購入意欲の高いと思われるユーザーのキーワードリサーチを繰り返し効果的な最適化を実施。またソーシャルメディアを活用したインプレッション表記回数の向上を図る事でのアクセス流入も促進
                  ↓ ※これにより無理なく、安定的な予算(サポート費用内)でアクセス導線を確保し、安定的なターゲティングに特化したユーザーに対してLPOページ露出回数を増やす事で販売促進に繋げる事を目的とする
ポイント②(サービスの明確化)
購入意欲のあるユーザーがランディングページにアクセスを行っても、サービス(商品)に魅力を感じて頂けない場合は、逆に直帰率を高める結果となる。良いランディングページとは、ユーザーがそれを使う事(サービスを受ける事)で自身がどのように「幸せ」になれるのか?と言う想像の幅を抱かせる事、他社よりも優れている部分を効果的に印象つける事に他なりません。
しかしこれらは見せる側が判断する事ではなく、全ては見る側が判断する要素となり、勿論、閲覧ユーザー全てが、サイトから離脱した理由や購入した理由を述べたりはしてくれるような事はありませんので何を指標にするかが非常に難しい部分です
当社では、これまでの経験を活かし、それらを図る指標を、ユーザーの行動法則から数値的データ(コンバージョン数・アクセス者の動き方)で分析を実施しております。販売結果のみで物事の良し悪しを判断せずに、多角的な視点の上、お客様と月例のMTGを基にご一緒に改善⇒検証を繰り返すサポートを実施しております。
SEO対策+LPOで実現できる事
自信を持つ商品・サービスを検索ユーザーに効果的にPR。広告コストを抑えて効果的な販売促進が結果的に費用対効果に繋がる
自社を広く認知させる事に貢献し、自社のメインサイトのアクセス数。会社名・店舗名での検索機会を飛躍的に向上させる事でのweb上での信用性の向上に繋がる
>LPO関連記事TOPに戻る

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます】