LP(ランディングページ)に施す最適化施策はSEM(web広告)だけではない。濃いアクセスを検索から運びコンバージョンに繋げるまでの工程

ランディングページ制作

LPO(内部施策)★アクセスを増やしながら直帰率も抑えて見込み客を作る

LPと通常のwebでは異なる認識を持つ部分もございますが、同一の認識を持っておいた方が良い部分もございます。今回はwebサイトにおける「顔」とも言えるトップページに関してを中心に、LPO対策と言うものを確認していきたいと思います。
ブログ等が世の中で利用される以前は、webサイト更新にはHTMLファイルをサーバーにアップロードさせる必要がありましたので、所定のソフト等を利用して新しい固定ページ情報を増加さる必要があった事もあり、気軽に更新すると言うような使い方ではなく、下の階層(URL)まで記事情報を引き継ぐ必要がなかった事で、トラフィックがトップページに集約されやすいものでした。
しかし昨今、ブログの普及、ホームページのデータベース化(CMS化)により情報発信の為の作業工数が非常に簡略化された事で、新しいページを量産しやすいサイト構造が増えました。その結果、総トラフィック数は上昇したが、トップページのトラフィック数は減少したと言うようなケース(ここではトップページのトラフィックの割合が落ちた)も当たり前ながら増えてます。
サイト・コンバージョンとトップページのトラフィックの関係性で考えますと、滞在率の向上と直帰率の減少です。トップページを経由する事で各ページにナビゲーションされる事を考えますと、トップページトラフィックが増えない場合→単発的な更新情報しか読まれていない状態でサイトから離脱している方が増えている可能性があると言う事が考えられます。※ブログサイトでは特にこのような傾向が見受けられます。
●下記2つのサイトを例にしながら解説
※数値は仮定です。特定のサイトのデータは掲載しておりません。
※1ヶ月間の各種データ数値 サイトA サイトB
1ヶ月のページビュー数 8712 4184
トップページのトラフィック率(全トラフィックに対して) 7.33% 38.12%
サイト直帰率(1ヶ月平均値) 73.82% 32.50%
それでは上記表を見て質問です。A・Bのサイト、どちらのサイトの方がコンバージョン(インターネット上における目的の達成の定義を同一に設定)が上がりやすい可能性が高いサイトのか?お分かりになるでしょうか?
ページビュー(アクセス数)を比較すると、BサイトよりもAサイトの方が望ましいです。ですからコンバージョン(反響)獲得の為にはアクセスが最も重要だと考えている方はAのサイトの方が良いと答えるでしょう。
しかし逆にサイト直帰率に関しては明らかにBの方が優れております。一度サイトに訪問してくれた方が1ページ以上閲覧している可能性はAよりもBの方が高いので、アクセス数ではなくしっかり情報を読んでくれる質の高いアクセスを獲得してもらう事がコンバージョン(反響)獲得の為には重要だと考える方はBのサイトの方が良いと答えるでしょう
~結論的にコンバージョンが上がる可能性が高いのは、勿論、Bのサイトです~
A→ブログサイトを示すデータです。
B→ホームページを示すデータです。
直帰率が高いという事は、訪れたユーザーが1ページ以上に「用」がなかったと言う証拠です。但し決してサイト内の情報レベルが低いと言う問題だけではありません。ブログサイトのような場合は、新着記事のみが読者に配信(通知)される特性を考えますとどうしても直帰率が高くなる場合もあります。
直帰率が高い理由は、トップページにアクセスしてくれるユーザーが少ない事が単なる原因です。そして更新コンテンツやその他のウェブページにランディングした方が、そのままサイトから離脱しやすいのが、間違ったランディングページ構成の結果、やブログの特徴とも言えます。しかしそうは分かっていたとしても、理想はAのサイトのように多くのアクセスを獲得できるサイトを作り、Bのサイトのように直帰率を落とす為にトップページを見てもらえる方の割合を増やしたいはずです。
例えばBのサイトが現在 コンバージョンが10だとした場合、・1ヶ月のページビュー数がAサイトのようになる事で、コンバージョンを20にする可能性があるわけですから、Aの良さを活かしつつ、Bのバランスを保ちたいと思う事の方が自然の流れでしょう。
~アクセスを増やしながら直帰率も抑えて見込み客を作る為に~
●トップページは運営者意図が反映された分かりやすいページにする
●自社サービス・商品に関連するコンテンツを更新
●トップページを見たいと思ってもらう為のデザイン・コンテンツ配慮
ブログサイトの良さを活かしつつアクセスを集めながらトップページへのナビゲーションを強化(アクセス精査)させトップページから所定ページに到達してもらう事でコンバージョン率を上げて行く運営者努力が必要です。本記事で私が、ホームページにとって一番重要なページはトップページであると言う 当たり前の事を表現するのは、こういう事を加味しているからです。
>LPO関連記事TOPに戻る

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます】