LP(ランディングページ)に施す最適化施策はSEM(web広告)だけではない。濃いアクセスを検索から運びコンバージョンに繋げるまでの工程

ランディングページ制作

LPO(内部施策)★アクセスを直帰させないランディングページ制作に関しての考察

インターネット上のユーザーが貴方のホームページに到達した際に、アクセスを受けたページの事をランディングページと表現します。ランディングページ=着地ページと言う意味です。一見するとだから何?と思われがちな言葉ですが、webマーケティング的な視点で考えた場合、これは非常に重要なポイントとなります。今回はその辺りの基礎知識的な部分を含めて良いランディングページとは何か、良いランディングページを如何に作るのか?と言う道筋を立てて行こうかと思います。
尚、その前に確認しておかなければならない重要な事項として、ランディングページ=トップページと言う解釈をしている方が多いです。トップページはどんなホームページにとっても非常に重要な存在である事には何の間違いもありませんが、それはあくまでも発信者側の意見であり、見せられる側(閲覧者)は必ずしもトップページからサイトに訪れてくれないと言う事を基礎知識として頭の片隅に覚えておいてください。
●運営者側が望むランディングページとは・・・・
サイトアクセスの滞在率の向上や直帰率の低下を図る為には、ランディングページ=運営者にとって自信を持っているページ(機能的なページや閲覧者が興味を持つ内容を含んだページなど)とする事が最も近道となります。
◎閲覧者が興味がある内容
→・閲覧者がちゃんと見る
→・結果として滞在率(滞在ページ数)が上がる
◎閲覧者が探している情報が分かりやすくナビゲーションされている
→・閲覧者はそのページにナビゲーション(誘導)される
→・サイト直帰されにくくなる
これらは運営者目線での解説ですので、下記には閲覧者目線での解説を加える事とします
●閲覧者側が望むランディングページとは・・・・
まず閲覧者は何かしらの理由で貴方のホームページに訪れてくれます。ここでは何かしらの理由と言う部分が非常に重要です。例えばECサイト(通販)の場合購入したい商品を求めて訪れてくれるか、誰かのリンクを辿って単に訪れてしまったのかと言う違いが、最終的なコンバージョンに強い影響を与える事は周知の事実です。これらを踏まえた上で閲覧者側に立った視点で考えてみましょう
●アクセスしたページに自分の求める情報が掲載されていて欲しい
→・自分の求めている情報を探す手間が省ける
→・内容を確認してみよう
●他のサイトに掲載されている内容以外の情報が欲しい
→・他のサイトと違う内容の場合、比較対象となる為に選択しやすい
→・どちらのサービス(商品)の方が自分に良いのかを考えてみよう
情報を発信者する側と受信する側の動機は、似ているようで若干異なります。発信者は見て欲しいと思いますが、受信者が自分の知りたい答えを探したいのです。このような特性を踏まえますと、ランディングページとは極端なくらい「お客様目線」であった方が良いと言うのが理想論です。
但し、ランディングページ=お客様が欲しい答えと言う部分までを理解したとしてもそれだけでは解消できない大きな問題を解決する必要があります。それは何か?最初に記した「お客様は常にこちらの意図に沿ったページに着地(最初のアクセス)してくれない」と言う問題です。
例えば、私のホームページを例えに上げて解説しますと、ホームページリニューアル時の制作会社を探している方がいた場合、http://www.k-c-e.co.jp/やhttp://www.k-c-e.co.jp/web_design/ のようなページに発信者としてはランディングして欲しいと願いアクセスを受ける準備をしていたとしても、現実的にランディングしたページがhttp://www.k-c-e.co.jp/ameblo/やhttp://www.k-c-e.co.jp/consulting/blog.htmlのようなページだった場合。このように意図した結果と異なる現象が起こった際、閲覧者は果たしてどのような行動を取るか?お分かりになるでしょうか?
閲覧者は、ホームページリニューアルに関しての情報が欲しい。しかしアクセスしたページにはブログカスタマイズや運用に関しての情報しか掲載されていない場合の閲覧者の行動
①ホームページリニューアルに関して解説してそうなページを探す
②そのサイトから離脱して他のサイトで情報を探す
大抵の場合、閲覧者はこの①・②の何れかの選択を行います。私的には閲覧者の行動は、②>①の方が確率が高いと考えてます。このような場合、得てしてランディングページを強化しても、離脱率の改善等には繋がらないと言う結果を招いてしまう事もあるのです。
~ランディングページ知識・強化の考え方に関してもまとめ~
まずはランディングしてもらいたいページを「お客様目線」で制作する。しかし制作するだけでは終わらずにどんな閲覧動機を持つ方に見てもらいたいのかのターゲティングを明確にした上で、そのような閲覧者の方に見てもらえるような対策を行う。
そのような閲覧者の方に見てもらう為には、SEO対策と言う方法もSEM対策(ネット広告)やSMO対策(アフェリエイト等)もあるかも知れませんし、ソーシャルメディアでそのような閲覧者が集まるコミュニティーに参加したり、自分でトピックを立てて集め、それらの方を自社のランディングページに誘導すると言う方法だってあります。
いろいろと書きましたが、全ては連動していると言う事です。巷ではLPOが重要と言うような言葉を聞く機会も確かに増えましたが何の為にLPOが重要で、LPOの為には何の準備が必要で具体的に何をすべきなのか?までを運営者はイメージ出来なければならないのです。
>LPO関連記事TOPに戻る

【この記事を読んだ方はこの記事も読んでいます】