SEOに関して「検索結果が1位で表示されなければ効果が低いのでしょうか?」というご相談を多数頂きますが「私的には1位でなくても大丈夫です。」とお答え致しております。もちろん、時として1位になった方が良い場合も存在するのですが、今回はそのようなケースに関して具体的なデータを参照にしながら解説させて頂きたいと思います。
SEOを実施する上でいきなり検索順位1位を目指す必要がないとお伝えする理由として、検索順位云々の前にまず「そのキーワード自体の信頼性(検索エンジンから顧客を運んできてくれるのかという基準)」を最初に考える必要があるからです。

例えばSEO業者に相談した際に高い見積りを提示されたキーワードのように、ライバルが多いと思われるキーワードであっても、実際そのキーワードからあまり顧客を運ばない場合も往々にして存在します。しかしSEOを施す前に「このキーワードはアクセスを見込めるか否か」という判断は難しく、仮に各種キーワードチェックツールを利用したとしても、いささか強引かと思われます。

SEO対策とは「いかに自社サービス・商品に必要性を感じている方からサイトを認知してもらえるのか?」という点に本来の意義が存在するものですから、そのキーワードの価値を把握していない状態での高額なSEO対策や長期契約は、ややギャンブル的な要素を含むものです。以上のような事から、私はSEO案件を頂く際「必ず1位でなくても良い」という旨をお客様にご通知させて頂いております。

なお対策するキーワードにもよりますが、1位を取るためには他社より強い対策を行う必要があり、ライバル会社が多く競合するキーワードほどコストが高くなります。しかし必ずしも「ライバルが多い=アクセスが見込める」とは限りません。もちろん、例えば8位にいるよりは1位を目指した方がそのキーワードからのアクセスは見込めるでしょう。しかし、そのキーワードからのアクセス増加=直接売上げに繋がるでしょうか?それが分からないキーワードに予算を落とすのであれば、そのようなキーワードを探す為に予算を落としたほうが何倍も利口だと言えます。
ここまでの前置きから「検索順位で1位を目指すべき場面」がおのずとご推測頂けると思います。

◎検索上位表記を目指したいキーワード
【1】数多くのアクセスが見込めるキーワード
【2】実際の販売数・集客数が高い事が実証されているキーワード

これらは推測の域ではなく、裏付けとなるデータが欲しい所です。私はお客様が検索キーワード1位に固持される際、まずはそのキーワードのポテンシャルを計る為に10位以内に入る対策を実施し、分析からそのキーワードが【1】【2】の何れかであるという確証を得た場合のみ、追金になったとしても当社の方からお客様に1位を目指すよう、ご提案させて頂いております。
下表はアクセス増加が予測されるキーワードによる、1ヶ月間のSEO対策前後のアクセス推移です。
両データを比較して頂ければ分かりますが、セッションの推移は約50%増えています。それよりも驚くべき事は、セッション増加に伴い、その他の滞在時間や直帰率といった数値が低下することなく逆に軒並み向上している点に他なりません。
どうしても検索順位にばかり目を奪われがちなのですが、それよりも重要な事は効果が高いと推測されるキーワードの調査~検証を行い、最終的に最も効果が高いと判断したキーワードに対してSEO対策を施す事であり、お客様においても費用対効果としての期待値も高く感じて頂けるのではないかと考えております。

逆にこういった点がSEOに興味を抱き始めた運営者の方にとって、解釈しづらい価値なのかも知れませんが、簡単に表現すると「SEOが売り上げに繋がる」という認識ではなく「売り上げに繋げる為に強化ポイントを探し出し、必要に応じてSEOを施す」と表現した方がしっくりくるかと思われます。当サービスのコンセプトはまさに生きたSEOであり、費用対効果の高いWeb活用という訳です。